仕事や学校を辞めて環境を変えてみる

求人・転職支援サービスは、適応障害の心強い味方

なぜタイトルのように書いたかというと、適応障害を経験している人が、転職をするときに苦手としている色々な面を、うまくカバー&フォローしてくれるからです。
<% module(手帳転職) %>

コーディネーターがじっくりと自分の希望を聞いてくれる

職場で行われる採用テストのごとき面接ではなく、まずは求人支援サービスの事業者の事務所のようなところで、ヒアリングがあります。

ヒアリングとは?

ここでは、前職をなぜ辞めたということは聞かれます。面接ではないので、正直に「人間関係で・・・」「体調を崩してしまって・・・」ということはきちんと伝えましょう。
そして、だからこそ「人間関係が良好な職場を見つけていきたい」ということはしっかり伝えていきましょうね。
※正直に人間関係などで退職したということは言う必要がありますが、コーディネーターさんに前職の職場や職場の人の悪口を言うのはやめましょう!これはとっても大事なことです。

職場との面接がない、訪問するときには原則採用が決定している

一度メンタルで体調をくずしていると、どうしても緊張する場面というのはイヤですよね。
冷や汗をかいてしまったり、うまく自分のことを伝えたりアピールができないまま、面接が終わってしまうこともあります。
その点、求人・転職支援サービスを利用していると、職場を訪問するときにはすでに採用は決まった状態です。
そして、顔合わせのような感じで面談が行われるので、緊張するようなやりとりは通常ありません。
あなたの情報は先に職場のほうに伝わっているので、改めて「この時間で、この週休でいいですね?」というような確認がされると思ってください。
またこの面談では、会社の雰囲気を見ることもできます。
(コーディネーターさんに先に伝えておくのも手ですね)
書面だけではわからない会社の空気感を知ることもできるので、気負わずに済みます。

職種別・条件別の求人・転職支援サービス

一般職・OL、事務職など(派遣もあり

元々事務職で働いていた人なら、その経験を生かし、再就職ができますね。同じ業種というのは、経験がある分「未知の部分から覚えはじめなくて良い」というメリットがあります。
経理なども経験がある人のほうが現場では求められていますので、あなたの経歴が生かせます。
もしも、同じ職種で同じようにハードな環境になってしまうのでは・・・と不安なら、派遣社員としての就業も、自分への負担が調節しやすいと思います。

資格・専門職(派遣もあり

「手に職!」という言葉通り、なにか資格や特殊な経験があれば、より一層あなたの価値が求められます。
看護、介護、保育士、薬剤師などの医療・福祉分野は、資格があると、正社員もパートも地域も給与も、たくさんの選択肢から選ぶことができます。
もし資格がない場合、給与のいいアルバイトなどをしながら勉強して資格を取り、安定を目指すという人も多いです。

保育士

とかく保育士は人間関係が難しいなんていわれていますし、そういう職場に当たってしまう人も多いです。
ただ、業界全体が離職率を下げて長く保育士に働いて欲しいという動きがあり、少しでも風通しが良く、雰囲気もよくなるように取り組む職場が増えてきました。
そんな保育現場の中でも現時点で「離職率が低く、長く職員が勤めている」「精神的な部分にも理解がある職場」「人間関係が良い職場」にこだわった求人情報を集めた求人・天職支援サービスがあります。
過去に適応障害でお仕事を離れた人にも優しい求人支援サービスです。

新たな職場を探したとき、フルタイムだと自信が無い、徐々に復帰して慣らして行きたいという人のニーズにも答えられる求人・転職支援サービスもあります。
週3、土日休み、など、はたらき方を多く選べるので、自分のペースを崩さずに無理せずに復帰したい人に向いている求人支援サービスです。

薬剤師

薬剤師さんは、薬局や病院だけでなく、ドラッグストアなどでも需要が高まっている職業です。
最近の傾向では、都市部だけでなく地方でも求人が多く、お給料もいいので、パートでも十分に生活できるお仕事です。

サービス メリット 支援 求人 派遣 転職 適応障害