適応障害&自律神経失調症コラム

自律神経失調を招く女性特有の病気

女性は、一生のあいだに何度も、外的にも内的にもストレスにさらされます。
外的なストレスの例
結婚、子育て、離職や転職・・・
内的なストレスの例
初潮、生理、妊娠出産、閉経・・・
結婚して苗字が変わったり、産まれ育った土地を離れたり、そういった変化も多いですし、初潮・生理に関わるホルモンの増減がかなりストレスとなります。
事実、女性はこの上記の事柄をきっかけに自律神経失調を引き起こし、そこから適応障害やうつなど他の心身症に移行する事も珍しくありません。

月経前症候群(PMS)

生理が近づくと、
眠れない・逆にひどく眠いといった「不眠症状」重たい「頭痛」「不安」な気持ち「筋肉痛」や「吐き気」を感じ、生理が始まってしまうと少しずつこれらの症状が軽くなっていくものを「月経前症候群(PMS)」といいます。
これは、環境の変化等によるストレス、負担に性ホルモンが影響されて起こるものと考えられています。
個人の「精神的な不安定さ」や「現実社会への不適応」など、心理的なストレスも重なって起こることも多く、時には犯罪にもつながりかねない「万引き」「虐待」というような衝動的で強迫的な行動になり表出することもあります。

マタニティーブルー

妊娠中の女性が経験することの多い精神状態で、
「どんどん変わる肉体の変化、見た目の変化」「行動面の制限」などで、
実に初めての妊娠を経験する女性の38%がマタニティーブルーという自律神経症状を経験します。
体は赤ちゃんを守ろうと無意識に皮下脂肪を蓄えたり、お腹で赤ちゃんが育っているから当たり前なのですが体重が増えたりするのを、妊娠前の感覚で受け止めてしまい
(つまりは、急激に太ったとショックを受けてしまう)、
摂食障害になる人もいます。

更年期障害

個人差はありますが、女性は妊娠出産の適齢期を過ぎると、閉経(へいけい)と言って、生理が終了→妊娠をしなくなります。
これは40代半ばからそれ以降に起こることが多く、女性ホルモンの分泌が一気に少なくなりますので、心身ともにストレスに非常に弱くなり、自律神経症状を発症します。
また、この年代の女性は不安や心配が尽きないものです。
(子育てが終わり、寂しくなる・老後の不安・金銭面での不安、健康面への不安、老親の介護問題・・・)
女性を取り巻くストレス環境は男性に比べると多様で多いです。
ホルモンのバランスも月単位で変わるのですから、不安定になって当たり前なんです。これをまずは第一に女性の特性として知っていて欲しいです。