適応障害に3回もなった私の記録

『適応障害や自律神経失調症、メンタルヘルス不調の方を支えるサイト』

初めまして、こんにちは。管理者のエリーです。

今このサイトを見ている、

  • 自律神経失調症、適応障害、うつについて知識を得たい
  • 自律神経失調症や、適応障害やうつになってしまった
  • 身近な人がそのようになってしまい支えになりたい
  • 職場の後輩、部下がそのようになってしまい、支えたい

そんな人へ。

あなたと同じように、かつて・そして今現在も情報を集めている、自律神経失調・適応障害に悩む一人です。

追記:2014年9月、ひとまず通院・薬無くなりました!

追記2:2015年8月、無事長女出産!!

このサイトは、自律神経失調症・適応障害にかかった私が

  • 病院や薬に頼らずに生きていけるように
  • 今はお世話になっているけど、いつか卒業したい!

と思って、勉強した情報をまとめたサイトです。

以下、ざっくりとプロフィールです。

性別:女性
年齢:20代後半
血液型・星座:A型・山羊座
家族構成:旦那・3歳の娘との3人暮らし

子どもが生まれ、日々育児に忙しくしています。

ちょっとした『体調の変化』がすべての始まりだった

数年前私は結婚して、それまで生まれ育った土地から初めて他県への引越しを経験しました。

正社員として勤めていた仕事も辞め、知り合いもいない現在の土地へやってきました。

方言が違い、スーパーのおじさんとの話が噛み合わなかったり…

地元では経験が無い厳しい猛暑や、遊ぶ友人のいない寂しさに、少しずつ体調に変化をきたしていたみたいで…。

ある日ふと、以前に比べてずいぶん立ちくらみをするようになっているのに気づきました。

家の中でも、さっと立ち上がるとクラクラッ・・・・・・「貧血かな」と思って、近所の内科で血液検査を受けたんです。

でも・・・
赤血球、異常なし。
鉄分も、異常なし。

『消去法で、自律神経失調でしょう』との医師の診断。

その医師の言葉はまったく予想していなかっただけに、衝撃でした。健康に普段から気を使っていましたし、自信がありましたから。

え?精神の病気?…えええ!?

あ、でも、そういえば、夜寝るとき…
足の裏が暑くって扇風機を足の裏に当てながら寝ていたな…

そういえば、仕事場で…いきなり顔からパタパタと落ちるように汗をかくことがあったな…

ただ、生まれ育った地元に比べ、嫁いだ先が蒸し暑い地域の為「夏の暑さはきついなぁ」ぐらいにしか思っていなかったんです(^_^;)

でも、『自律神経失調症』…

あっという間に不安に襲われました。
でも、特に何か対策出来るわけでもなく、日々が過ぎていきました。

仕事場が、ストレスに拍車を・・・

その頃には、私は保育園で再就職をして働き始めていました。(保育士の資格を持っています)

前職は気楽な事務員で、男性の多い職場でしたので、この「女性しかいない閉鎖的な職場環境」に次第に苦痛を覚えました。

ミスをすれば影で(でも聞こえるようにw)嫌味を言われる。

休憩室でも、居心地の悪さがあり、ろくに休憩もできない感じでした。

また、少し早めに出勤して会議録を見たりしていると、まだ勤務時間前だというのに仕事を回され・・・

ある日、特に大きな失敗をしたわけではなかったのですが、私の作業を横でじっと見ていた職員が、

『あのさ、さっきからダラッダラ何がしたいの?』

半分笑いながら言ってきました。

私は仕事を要領よく一発で覚えられるタイプではありません。

働きはじめですし、他の人に比べれば「仕事の遅い部類」に入ります。

この作業をしているんですよと答えようと思ったのに、口はカラカラに乾き、なんの言葉も出てきませんでした。

じっと見られていると感じた時から、少しずつ体はこわばり、緊張していたようでした。

駆け込んだトイレで、涙が止まりませんでした。

それ以降、その職員の顔を、まともに見ることもできなくなってしまいました。

初めての適応障害、床に突っ伏して朝から夜まで泣き続けた

体が、今までの人生で経験したことがないほどに重たくだるくて、全身が出社を拒否してしまいました。

泣きながら、震えながらなんとか職場に欠勤の申し入れを電話すると、運の悪いことに例の職員が電話口に出ました。

それが、もうトドメの一撃のような感じがしました。

そうして、社会人になって初めて、発熱もしていないのにそこから4日も欠勤してしまったんです。

無力感で動けず家事も出来ない、ずっと泣けてしまって、家のそばにある線路をぼーっと眺めたり。

前から徐々に家事が滞ることがあったんですが、もう、完全に手につかなくなってしまいました。

そして、旦那にも相談して、不安を感じながら、心療内科のドアをくぐりました。

自律神経失調症から、『適応障害』にもなってしまっていたんです。

今現在も服薬しながら、早く完治出来るように、無理をしないように、頑張っています。
年齢的に子どもが欲しいですから。

追記:長女が生まれ、今も治療を再開してますが、二人目が欲しいです。

薬のお世話になるのを出来るだけ早く終わらせたいと思い、運動や漢方や、色々試しています。

このホームページは、私と同じように環境の変化にやられてしまって、心が疲れてしまった人の為になるように…

また、見返して自分が少しずつでも状況が良くなっていけるように書き記した備忘録でもあります。

新しく学んだことがあれば随時更新をしていきます。

一緒に、豆腐メンタル状態から卒業していきましょう!